クレイジーピンクの育て方

A.B.C-Zとボイメンのピンク担当を愛でるブログ

6年前、白川公園で見かけた若者はBOYS AND MENだったのか?

こんにちは。

ジャニヲタ兼ボイメンファンのかほです。

今回は「もしかしたらボイメンに会っていたかもしれない」という(私的には)衝撃的なタイトルの記事を書きます。

 

2008年頃。初めて付き合った彼氏が、就職のため名古屋に引っ越しました。私は熊本に住んでいたので遠距離恋愛が始まりました。若かったし寂しかったので、土日や連休を利用して月一で名古屋の彼の元に会いに行っていました。彼の住んでいたところは栄のお隣、新栄という場所でした。自転車二人乗りでテレビ塔や白川公園に行ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

名古屋に通い始めてしばらく経つと、土地勘も出てきて一人でどこでも行けるようになりました。ある日、彼氏と二人乗りで自転車を飛ばしていると、白川公園に若い男性が何人か集まっているのが見えました。何やらダンスみたいなものを練習していました。「何の集団だろう?」と気になりましたが、そのまま白川公園を通り過ぎて行きました。

 

翌日、彼氏が仕事で不在だったので名古屋の街をふらふらしていました。なんとなく白川公園に行くと、昨日見た集団がまた練習していました。今度はダンスではなく、何やら演劇をしています。「売れない劇団の人かな?」とアイスクリームを食べながらその様子を見ていました。暑い日に汗を流しながら首にタオルを巻いて真剣そのものの眼差しで練習していました。私は小学生から中学まで演劇部に入っていて、しかも部長までやっていたので単純に興味がありました。熊本ではそんな光景見たことないから、都会って夢があっていいなぁと思っていたら。

 

すると一人のイケメンな青年が「こんにちは〜」と話しかけてきました。

 

私「あ、こんにちは」

青年「興味あります?」

私「すみません、ずっと見てて」

青年「僕達ね、今度舞台やるんですよ。近くだから来てください!」

私「そうなんですか?すみません、私、名古屋の人間じゃないんです」

青年「え〜残念」

私「彼氏が名古屋に居るので会いに来てて」

青年「じゃあ、彼氏さんに宣伝してください!今日チラシ忘れちゃったけど、〇〇でやってるんで!」

私「分かりました〜」

 

もう7年くらい前なんで詳しいやり取りは忘れちゃったけど、こんな感じの話をしました。劇団の人なんだろうな〜と思ったけど、みんな若くてイケメンだったので「テニプリ的な舞台なのかな?」とその場を後にしました。彼氏に「白川公園で演劇の練習してる人が居た」と話したら、「AKBの名古屋版も出てきたし、ここらへんは芸能人が多いらしいよ。もしかしたら芸能人かもね」となんて言っていました。それからもテレビ塔の近くで同じような集団を何度か見かけました。彼氏が仕事を辞めたことにより、そのすぐ後に遠距離生活は終わりました。

それから時は経ち、ボイメンを知った時に初めて思ったことは「あの思い出の名古屋!」でした。懐かしいな〜、と。私が名古屋に行かなくなった時に入れ替わりで活動を始めたのか〜、惜しかったな〜って。あのまま彼氏が名古屋に居たら、もっと早く知れたのかなと。

 

そして最近ボイメン推し始めてから、とある事実が発覚します。「売れない時期は白川公園で練習していた」ということ。白川公園?あの白川公園よね?売れないとされる時期は、私が白川公園やテレビ塔でイケメン集団を見た時期と丸かぶりしています。「もしかしてアレってボイメンだったのか?まさかまさかそんな偶然が…」と動揺していたところに追い討ちで、タムタム(田村侑久くん)がチラシ配りの王子だと知ります。

 

「チラシ?チラシ配り?あの時、私に声を掛けてくれたのはタムタムなのか?確かにチラシがどうのこうの言ってたし!」と。覚えているのは、イケメンは背が高くてひょろい感じで茶髪だったこと。顔は全然覚えていない。でもタムタムでもおかしくないような…。

 

あの時、白川公園やテレビ塔付近で見かけた集団がボイメンなら、私は彼らの結成当時に出会っていることになりますね。好きになるきっかけやチャンスはたっぷり用意されてたんですね…。伏線は張り巡らされていたんです。ちなみに2016年のGW、博多どんたくにボイメンが出演しました。見に行く予定だったんだけど、その日は強風で1部中止になるくらいだったので止めたんです。私はずーっと前からボイメン沼に落ちる運命だったかもしれません。今度接触あったら本田くんに言おうっと!話しかけてくれた青年は100000%本田くんじゃないけどね!