クレイジーピンクの育て方

クレイジーなボイメン新規オタクが「育って行く」ノンフィクションドキュメンタリー

誠LIVE vol.48 in Zepp Nagoya 12月25日 私的レポート

BOYS AND MENの派生ユニット「誠」のライブレポートを自分の主観で書いてみます。MCはニュアンスですので大目に見てください。最後にメンバーがすごく良いこと言ってます。

 

2017年12月25日 Zepp名古屋にて誠ライブ(通称マコライ)が開催されました。平日昼間クリスマスという状況でしたがたくさん人が集まりました。

 

オープニングは東京でも流れたWanna be!衣装で待ち合わせをする映像。メンバーそれぞれがイヤホンで音楽を聴きながら、ワインを飲みながら誰かを待っていて。彼女かな?と思っていたら、本田くんの顔が明るくなり誠メンバーが集合。煌めく名古屋の街を歩くという粋なオープニング。

 

真っ赤な衣装で誠が登場。1曲目はMy Only Christmas Wishから。やっぱりクリスマスだからね!2曲目はWinter Joyで「肩組んでー!」と賢ちゃん(平松賢人くん)が煽ります。3曲目はチョコレートプリンスでまちバル公録と流れが似てますね。水野パートは勇翔くん、田村パートはつっちー(土田拓海くん)でした。途中で一人一人セリフを言うシーンで吉原くん(吉原雅斗くん)がトチり(わざと?)、本田くん(本田剛文くん)はふざけて、賢ちゃんは「おばあちゃんがインコを飼いましたー!」と謎の報告を(笑)つっちーまでは順調に行きましたが勇翔くんで時間が無くなり、「うんちょこちょこぴー!」と早口で言っていた(笑)

 

メンバーは捌けて行き、マコライvol.1からの懐かしい映像が流れました。1〜16まで流れて、歴代PVの誠メンバーのピックアップ。UFOでは笑いが起きてました。映像が終わり、メンバーの衣装はなんと!!伝説のWanna be!衣装だ〜!!筆者が「伝説」と言ってるだけですけど。私は強火Wanna be!(わなび)信者なんで、しばらくうるさいです。わなびは私がボイメンと出会った曲であり、本田くんを知るきっかけとなった特別なもので。ボイファミになる前からわなびを何百回と聴いて、PVも穴が開くほど見たんで沸きました〜!衣装は動きやすいように首周りスッキリして、ブーツなども外していました。

4曲目はSuga Suga Candyでめちゃくちゃ可愛かったです。誠の可愛さ凝縮還元500%です。狂ったように「可愛い」と言っていたらあの音楽が…。ギターとドラムのあの軽快なイントロですよ。そう、5曲目に流れてきたのは…。

 

 

 

Wanna be!

 

 

 

死んじゃう…。わなびを聴くまで死ねないとかTwitterで散々騒いできて聖なる昼にあの白い雪のような衣装で…。名古屋まで来て良かった。生きてて良かった。頑張って良かった。ペンライトを振る手が震えました。サビの振り付けは本田くんをガン見してました。「この手には何も〜」で吉原くんソロになるんですけど、他の4人は膝まづいて緑のペンラをオタクのようにくるくる回してました。吉原くんはキリストのようでした。ただその見せ場もつっちーに「みんなのアイドルたくみんです♡」と邪魔されますが(笑)

6曲目のREADY×READYでもペンラを振ってました。振りながら踊ってる途中でボタンを押してしまい色が変わっちゃって焦るメンバーが面白かったです。7曲目はDOGI MAGIで私のボルテージがMAX!あのセリフを生で聴けました。コールも結構出来上がってる。8曲目のガンバレ For My Girlが終わると、ゆとりが捌けて着替えに。3人がMCしていました。

 

本田「さっきのマコライvol.1からの映像見た?やけに引きの映像だったけどそこは推し量って察して。いや〜俺がピーピー泣いとったのあったでしょう?初めてお客さんが100人超えた時。あの時、つっちーがインフルになって、代打で吉原が入ってさ。吉原、その日が卒業式で友達とカラオケとか行きたかったろうに代打で入って。吉原の涙は『俺もみんなとカラオケ行きたかったよぉ』っていうね」

土田「その件は俺が貸してた1万円をチャラにすることで解決しました」

 

そういうことがあったのか〜!!と新規ファンの私はびっくりしました。インフルというトラブルが無ければ吉原くんは誠に居なかったのかもなぁ、とか1万円で解決したのかとか(笑)

 

9曲目はゆとりで夢で終わらないで、爆エモ。これはtornか愛のかたまりか。10曲目はDESEO、聴きたかった曲です。ダンスがとても綺麗でした。11曲目はClear Snow、かなりレアな曲です。これまた大好きな曲で、聴けて本当に良かったです。12曲目、本編ラストはForever and Alwaysで締めました。あっという間の1時間15分でした。

 

アンコールは学ラン衣装で1曲目がYAMATO☆Dancing帆を上げろ!まえのめりMinority明日は明日の風が吹くとボイメンのアップテンポな曲が続きます。帆を上げろ!のセリフ部分で「馬鹿野郎!かのニーチェは〜」って勉強家本田くんならではの長文に変わっていました。セリフで埋めつくされるスクリーン(笑)ラストのMCがとても感動的だったので覚えているだけ書きます。

 

吉原「言葉を選ばないといけないんですけど…」

平松「フォローするよ!」

吉原「あ、いや大丈夫です。あのう、ファミリー1人を集めることってすごく大変なことなんだなって気付いて。前回のマコライは即完くらいの勢いでチケット売れたじゃない?だから安心してるところがあって。でも今回さぁ、クリスマスで平日昼間でチケットが売れない売れないってなって。珍しく不安で眠れんかったの。どうしようと思って。こんなに繋ぎ止めておくのが難しいんだなって。ファンが増えたかもしれないけど、離れちゃった人も居るかもしれない。だけど一人一人大事にして行きたいなと思いました」

 

土田「えっと…あの…俺は…」

なかなか話し出さないつっちー。頬には涙が!「ごめん」と言って後ろを向き、号泣しちゃいました。愛しい!と思ってしまった、ごめん。好きなアイドルが泣いてるとこ見るのが初めてで本気で心配しました。しばらく泣いてから話し始めて。

土田「本当に色んなことがあったなって。辛いことも楽しいことも。今年掲げて来た目標は全部叶ったわけじゃなくて。ごめん…上手く伝えられなくて…(声を出して泣く)でも今日みんなに何を伝えたいかなって思った時にやっぱり楽しんで欲しくて。来年はみんなと一緒に夢を叶えて行きたいと思うんでついて来てください。ごめん、なんか全然まとまらん」

 

勇翔「今年は色んなところでライブをやらせてもらいましたが、最後はホームの名古屋で迎えられて本当に嬉しく思います。来年もここ名古屋から頑張って行きたいと思いますのでよろしくお願いします」

 

平松「来年はボイメンも一番になりたいけど、その中でも僕、平松が一番になりたい。みんなありがとうございますぅぅぅ…うわぁ!危なかった!泣きそうになっちゃった。危ない危ない、すごい危ない!」

 

本田「今年は誠としてあまり活動出来んかったから、来年はもっと頑張りたい。誠にしか出来ないことってあるからね。今年は俺もめちゃくちゃ悔しい思いをしたよ?顔には出さんし言わんけどね。本当に悔しかったし、何より自分を責めた。でも俺らより顔もパフォーマンスも良い人達は五万と居る。その中で俺達を選んでくれてることって意味があると思うのね。みんなにとって俺らがどんくらいの価値があるかは分からんよ?でも俺らにとってはみんなが本当に大事。みんなが居らんと成立せん。そうやってみんなに支えられて来たけど、もうそれじゃいかんと思ってて。俺らがみんなを引っ張って行かないと。ボイメンのライブに、今日のvol.48に来たことを将来『羨ましい!』って絶対言わせるから。約束するから。吉原がさっき言った通り、離れて行った人もたくさん居ると思う。でも新しくファンになってくれた人も居る。どこから入ってきても関係ない。だから俺らの背中を追いかけて来てください。ついてきてください。死ぬ間際に思い出すかもしれんね…。(おばあちゃん風に)『本田くん…』って。『おい!本田って誰や?』ってなって…」

平松「何で最後ふざけるの?」

 

良い話になったのにふざけちゃった本田くん、照れ隠しなのか可愛かったです。ラストはCandorを歌いました。今すごく好きな曲で特に歌い出しが泣けてきて。「瞳を閉じてほら浮かんでくる それはどんな人ですか?」っていう最強の歌詞と賢ちゃんの優しい声。私が瞳を閉じて浮かんでくる人はボイメンですね。

これは私の勝手な見解なんでスルーしてもらって構わないんですが、本田くん泣いてませんでしたか?吉原くんソロでライト当たってない時にニコニコしながら、何かを堪えてるように見えて。すぐ後に頬を拭ってたんですが汗だったのかな。どっちにしろ素敵な表情でした。

 

最後1列になって手を繋いで、マイク無しで挨拶する恒例のアレをやる流れになったんだけど、本田くんが良く分かってなくて一人オロオロして。左の勇翔くん側にマイクを持ったまま手を繋がないものだから、勇翔くんも焦る感じで待ってて。マイク持ったまま1回「本当に…」って言ったら、賢ちゃんが「違う!マイク無しでやるやつだよ!」と怒ってました。そして本田くんはマイクを置き、勇翔くんと手を繋ぎ、生声で「本日は本当にありがとうございました!!」と叫んでお辞儀して終了。

本田くん節が絶好調で「毒舌過ぎて特典会で列が伸びない」とずっとネタにしてましたが、やはり最後に落としてくる男。緩急に振り回されっぱなしだけど、ずっとついて行きたいてと思いました。MCは他に理想のクリスマスデートの話などがありましたが長くなるので割愛しました。面白過ぎて、本田くんが色々失礼過ぎて笑いっぱなしでした。

 

セットリストがまず神だし、パフォーマンスでも魅せてくるし、つっちーが号泣したり、本田くんのMCでリアルに泣いてしまいました。長いライブ人生で初めて泣きました。とても特別な公演に参加出来て本当に嬉しいし、楽しかったです。時間がまだまだ足りないくらい。本人達も汗びしゃでした。その後、長い特典会(わなび衣装でツーショ)もあり、お疲れ様でした。大阪から行って良かったな、ありきたりな言葉になりますが最高のクリスマスになったなと思います。